北海道の求人 UIターンのススメ

沖縄や北海道の求人が注目されています。

故郷にUターンしたい人が故郷で転職することをUターン転職といいます。

反対に、都会から、地方で暮らしたいために、地方で転職することをIターン転職といいます。このようなUターン、Iターンが北海道の求人を中心に起こっています。

北海道の求人は意外にも、多く東北、北陸などに比べても大手企業も比較多いことで知られています。

広告

企業情報

企業情報は、転職の際に、最も重要な項目の1つです。

企業情報をしっかりと調べていないと、仕事 が始まってからで、「こんなはずじゃなかった。」ということになってしまいます。

求人情報サイト

わが国では、現在200~300の求人情報サイトが存在していると言われています。

以前は、仕事探しというと、ハローワークだけでしたが、現在では、大手から、ベンチャー企業まで様々な企業が運営する求人情報サイトがあります。

例えば、プログラマーの求人情報を探したい場合でも、いくつもの方法で、求人情報サイトを選ぶことが出来ます。 正社員、派遣社員、人材派遣会社、人材紹介会社、業種、など、ざっと考えただけでも、求人情報はいろいろとあります。

求人情報では、一番重要な点は、どのような求人情報サイトを選ぶかというよりも、どのような求人情報が自分に適していて、その求人情報を持っているのは、どの求人情報サイトなのかを知ることです。

通常は、求人情報を探そうとすると、有名な求人情報ばかりに目が言ってしまいますが、実は、その他の求人情報のほうが、求人数が多かったり、便利な企業がその割っている場合も多いのです。 特に、最近のベンチャー企業は、IT技術を駆使して、求人情報サイトの運営を行っているので、大手企業の求人情報サイトよりも、求人情報が多い場合も多々あります。

求人情報

求人情報活動日記
求人情報って・・こういうことだ!!
求人情報のススメ
求人情報・求人広告・求人企業応援ブログ
求人情報の秘密

人材紹介って何?

人材紹介とは、 求人企業と、求職者の間に入るエージェントです。

人材紹介とは、その名の通り、人材を企業に紹介することによって、ビジネスを行っている企業なのです。 つまり、求職者から、お金をもらわずにビジネスをしています。

通常、求職者と、求人企業のマッチングが成立したら、その求職者の年収の30%に当たる金額を求人企業が人材紹介会社に支払います。

完全な成功報酬型のビジネスなので、最近は、求人情報サイトの求人情報を掲載するよりも、人材紹介会社を利用する企業も増えてきているようです。

もちろん、人材紹介会社から紹介された人材が、すぐに会社を辞めてしまう場合もありますが、その際は、1ヶ月以内なら、30%の報酬の全てを返還する、 2ヶ月以内なら、80%を、3ヶ月なら、50%などという形での保障も行っているようです。

この%は、人材紹介会社、紹介した人材によってまちまちのようです。

人材紹介会社は、現在、わが国で、事業所数が、9000を超えており、非常に競争が激しくなっておりますが、人材紹介の市場規模は、毎年20%前後の推移で拡大しています。

人材紹介 

人材派遣・派遣のアレコレ

人材派遣とは、元々 アメリカで始まったサービスです。

日本でも、城を作るためのスペシャリストを常駐(派遣)させる派遣仲介人がいたという話もあります。1920年代には、アメリカで、電子計算機の労働者を派遣していたとする説と、1940年代に、マンパワー社が初めて人材派遣をアメリカで始めたという説があります。

わが国では、も1960年代に、アメリカの大手人材派遣会社が支店を作っています。

人材派遣は1970年代半ばの石油ショックの時にコスト削減の為に、様々な企業が導入をして、広がりました。1970年代後半ごろには、システム開発、情報処理のいわゆるIT業界において、派遣社員を利用するという動きがでてきました。

派遣

そして、1986年の労働者派遣法の施行によって急速にニーズは拡大し、事務職の人材派遣は、いまや一般的にとなりました。 最近では、事務や、営業の葉権威加えて、専門職の人材派遣も増えてきました。 例えば、医療系の技術者の派遣会社、MRの人材派遣会社、SE専門の派遣会社、プログラマーの人材派遣、webデザイナー、クリエイターなどの派遣会社と実に多くの人材派遣会社があるものです。

人材派遣では、1999年の「労働者派遣法」改正前までは一部の業務に限定されていましたが、 ほとんどの職種が派遣ス社員として人材派遣会社を通して就業することが可能となりました。 以下の職種は、まだ、人材派遣として認められていない職種です。

  • 港湾運送業務
  • 建設業務
  • 弁護士、外国法事務弁護士、司法書士、公認会計士、税理士、弁理士、社会保険労務士、行政書士、土地家屋調査士としての業務ほか。

士業というのは、非常に重要な責任のある仕事なので、派遣が解禁されていないというのもある程度納得できますね。

人材派遣

さ~て 本日の求人情報は・・

求人情報といえば、求人情報の検索が面白いです。

求人情報といっても、いろいろな検索方法がありますね。

最近では、RSSを用いて、いろんな事もできてしまう求人情報サイト。

すごいことになってきました。

さて、この求人情報ですが、もちろん、メインは、求人情報を探すことにあるようですが、最近は、いろいろな使われ方もしているようです。

例えば、企業リストを集めるために、利用する。。

う~ん。 これは、ちょっと・・どうなのでしょうか?

確かに、求人情報サイト、求人サイトは、ものすごい量の求人企業が集まっているので、採用担当者や、会社のURL、TEL、FAX、メールアドレスまでと、まさにリスト集めには、もってこいのサイトかもしれません。 でもね~。

私の友人が言っていましたが、ある求人情報サイトに、求人情報を掲載したら、次の日あたりから、営業の電話がバンバンかかってきたそうですよ。

怖いですね。

今は、個人情報の保護に対して、非常に法律が厳しくなってきています。 これは、いろいろな弊害も出ているみたいですが、まあ、良い方向にすすでいるとは思います。 では、この求人企業などの情報は、保護しなくて良いのでしょうか?

企業情報もある程度、しっかりとした使われ方をして欲しいものです。

求人情報 

Hello world!

Welcome to WordPress.com. This is your first post. Edit or delete it and start blogging!